他の仕事探しの方法

他の仕事探しの方法

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は国が運営しているので安心して利用できます。また、抱える求人情報も膨大であり、パソコンシステムで簡単に検索できます。もちろん無料です。
ハローワークでも薬剤師の求人情報はありますが、それは様々な業種・職種の求人情報のごく一部として扱われています。また、求人票はあっても、その職場の内情までは調査していません。
なので薬剤師として転職活動をするのなら、ハローワークではなく、薬剤師専門のエージェントを利用したほうが良質の求人情報が得られるでしょう。
また、ハローワークの担当者も薬剤師の実情に詳しいわけではないので、適切なサポートを受けられることは期待できません。
しかし、薬剤師以外の職も含めて求職活動するのであれば、幅広い業種に多くの求人情報を持つハローワークを利用するのも良い選択といえます。

 

友人の紹介

転職を考える際に、同業の友人に相談することもあることと思います。友人同士であれば、率直な情報交換ができますが、それはあくまで一個人の意見であり、客観的な情報ではありません。偏った情報で、転職を行うと、思わぬミスマッチにつながりかねません。また、人とのつてをたどって転職した場合、思っていた職場でなくても、辞めづらくなります。
友人に相談することよいのですが、それだけで決めてしまうのは怖い部分があります。インターネットで情報を調べたり、転職コンサルタントに相談するなど、幅広く情報収集して選択したほうが良いでしょう。友人の話は判断材料の一つという認識でいましょう。

 

新聞の折込広告や医療機関のHPを見て直接応募

新聞の折込広告や医療機関のHPにも薬剤師の求人が掲載されています。それらを見て直接応募すれば、時間のロスがなく、直ぐに面接・採用に至る可能性があります。しかし、薬剤師の求職では非公開求人も多いので、まずはその非公開求人にも探りを入れてから、最終的な決断をしたほうが良いでしょう。急ぎではあっても専門サイトに登録して情報収集すべきだと思います。