薬剤師転職体験談(男性)

薬剤師転職体験談(男性)

鳥取県 30代男性

転職の理由

私は鳥取県のど田舎に生まれ育ちました。高校時代に薬剤師を志し、1浪したのち、東京の薬科大学に入学しました。忙しくも楽しい学生生活を終え、そのまま東京の調剤薬局に就職しました。東京の生活は楽しいものでしたが、故郷を離れて10数年、何にもないとバカにしていた故郷が懐かしくなってきました。両親にそろそろそっちに帰ってもいいかな、と言ったら喜んでくれました。

幸い(?)独身で身軽だったので、割とあっさり転職を決意しました。

 

薬剤師転職支援サービスを利用する

東京で働きながら転職活動をするつもりでしたが、わざわざ鳥取まで帰るのも手間なので薬剤師転職支援サービスを利用しました。
極論すれば鳥取市内の調剤薬局ならどこでもいい、という感じでお願いしましたが、こちらの期待を上回る条件の求人ばかりで驚きました。そのなかで最も給料の良い職場を選びました。
なんと、今の職場よりも年収が100万円以上アップしました。田舎の薬剤師求人は給料が高いと知っていましたがこれほどまでとは。
東京に比べて物価も安いし、かなりリッチになりました。田舎なんであまり使い道もないのですが、通勤用の車は少しはりこみました。
後は嫁探しだけです(笑)。

 

 

 

埼玉県 20代男性

転職の理由

ドラッグストアに勤務して5年。年収は540万円と悪くないのですが、とにかく仕事がきつい。人手不足なので残業・休日出勤は当たり前です。また、客商売なので休みが平日なので友達とも遊べません。
仕事だから仕方ないと思って頑張って来ましたが、最近になって何のために頑張っているのだろうと自問自答するようになりました。
薬剤師になったのは薬に興味があったからというよりは、手堅い人生を送りたかったからです。それほど高望みはしませんが、そこそこの安定した給料をもらって趣味や友人を大切にした平凡な人生を送りたいと思って来ました。
しかし、実際は忙しすぎて完全な仕事人間になっています。これは自分が望んだ状況と異なります。
忙しすぎると上司には言っているのですが、人手不足が解消される見込みはなく、この職場にいる限りこのような生活が続くものと思われます。
ということで、もうすこしゆとりのある職場を求めて転職することを決意しました。

 

薬剤師人材派遣サービスを利用する

今まで何度も辞めてやると思ったことがあるので、転職については色々と調べていました。なので薬剤師人材派遣サービスの存在は知っていたので、本当に辞めると決意してから登録しました。
しばらくして、会社から連絡があって、こちらの希望を伝えるのに電話と面談どちらがいいですか?と訊かれましたが、忙しいので電話で希望を伝えました。
私の希望は土日にしっかり休めること、残業がないか少ないこと、家から近いこと、です。給料は少しばかり減っても構わないので、今よりゆとりのある職場の求人をお願いしました。担当者の方は、それならすぐにでも紹介できると思いますとおっしゃって下さいました。
そして、その日の内に何件かの求人を紹介されました。そのスピードには驚きました。
そしてその中に、私が望むゆとりある職場で、しかも年収がほとんど今と変わらない調剤薬局の求人がありました。
すぐに面接をして転職が決定しました。
登録して1週間もかかっていませんでした。

 

現在の職場は

事前の条件提示の通り、休みもちゃんと取れる職場で満足しています。仕事はそれなりに大変ですが、休日にしっかりと英気を養えるので、やる気も出ます。
独身で自由になるお金も多いので、車を買って休日はドライブに行くことが趣味になっています。