薬剤師転職サイト

薬剤師転職成功の鍵は転職サイト選びにあります

薬剤師専門転職サイトは転職希望の薬剤師さんを強力にサポートしてくれる頼もしい存在です。

 

薬剤師専門転職サイトに登録すれば、専門のコンサルタントが非公開求人を含む膨大な求人の中から、あなたの希望通りの求人を発掘して、紹介してくれます。

 

その後、履歴書の書き方、給与等の条件交渉、面接指導、更には入職後のアフターケアまですべて面倒を見てくれます。

 

しかも料金は無料です。

 

忙しくて転職活動ができない人、初めての転職でどうして良いかわからない人、できるだけ良い条件で転職したい人など、様々なタイプの転職者に対して活用することをおすすめします。

 

最近では薬剤師さんの転職も薬剤師専門転職サイトを活用する人が増え、サイトも乱立気味ですが本HPで紹介するサイトはすべて大手の優良サイトです。安心して利用できるはずですが、それぞれに特色があり、うまく利用するには自分に向いているサイトを見極める必要があります。

 

まずはレビューを読んで、良さそうなサイトに2社以上登録してみましょう。すべてのサイトで登録は無料、掛け持ちもOKです。それぞれのサイトに実際に触れた後、本当に自分にあったサイトを最終的に選択して利用すれば転職もスムーズに進めることが出来るはずです。

 

うまく薬剤師専門転職サイトを活用して、あなたにとってベストな転職を成功させましょう。

 

薬剤師転職サイト比較レビュー

【本サイト申し込み件数No.1!】 リクナビ薬剤師

業界最大手リクルートの薬剤師求人サイト
転職業界の雄、リクルートの薬剤師求人サイトです。リクルートは幅広い職種で転職・就職コンサルタント業務に携わっていますが、医療分野でも以前から力を入れており、多くの医療機関と強力なコネクションがあります。

求人数は業界最大規模の35,000件以上。大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など幅広い求人が用意されています。
求人紹介スピードにも定評があって、翌日には約5件もの求人が紹介され、最短3日で転職可能となっています。
信用力、求人数、スピードにおいて数ある同業サイトでも最高レベルなので、迷ったらリクルートに登録しておけば安心です。

アピールポイント

業界最大規模の求人数
リクルートの信用力とコンサルタント力
最短3日で転職可能
全国で営業

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 35,000件以上 なし 薬剤師転職

エムスリーキャリア

求人の多さ×質の高いサポート×スピード=高満足度
エムスリーキャリアはソニーグループのエムスリーが運営する薬剤師専門転職支援サイトです。大手企業ならであの求人数の多さと調査力で極めて質の高い転職を実現させています。

また、電話で即求人を紹介してくれるので最短3日での入職が可能です。
求人案内の量・質・スピード、いずれも業界最高水準なので最も安心して利用できるサイトといえます。

アピールポイント

入職後満足度93.6%
面談後82.5%が入職
最短3日で入職可能
登録すれば「薬剤師転職 虎の巻」をプレゼント

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 非公開求人8000件以上 あり 薬剤師転職

メドフィット=薬剤師=

親切サポートのみならず転職成功で10万円支給
メドフィットは薬剤師のほか、看護師や臨床検査技師などの医療系転職サイトを数多く運営している大手転職エージェントです。

この会社では転職希望者1人につき、専任のコンサルタント1名が責任を持って担当してくれるので、スムーズに転職活動が進められるでしょう。
そしてメドフィットを利用するメリットで注目すべきは転職が成功した場合、キャリアアップ支援金として10万円が支給されることです。これは他サイトにない特徴です。転職を決めたら、まず最初に登録したいサイトです。

アピールポイント

キャリアアップ支援金10万円支給
入職後満足度92.8%
最短3日で入職可能
「転職成功の秘訣レポート」をプレゼント

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 非公開求人多数 なし 薬剤師転職

ヤクステ

入職後離職率1%以下とほぼ完璧な就職マッチングが定評。新卒の求職者も歓迎。
ヤクステはヘッドハンティング会社にいた社長が2008年に独立して立ち上げた薬剤師専門転職エージェントです。きめ細かいサポートに定評があり、薬剤師専門のコンサルタントが専任でキャリアカウンセリングから希望に合った求人案件のリサーチ、書類作成や面接対策、面接日程のセッティングから就業条件の交渉まで、すべて請け負ってくれます。手厚いサポートと精度の高いマッチングで入職後離職率1%以下という成果を叩き出しています。

また、新卒の方の就職斡旋も完全サポートしてくれるのも心強いですね。

 

アピールポイント

入職後離職率1%以下
親切サポート
新卒も安心

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 公開求人約4000件 あり 薬剤師転職
薬剤師転職ドットコム

病院・調剤薬局・ドラッグストアに強い
薬剤師転職ドットコムは、元々は医師の転職エージェントとして有名であったメディウェルが2009年に運営を開始したサイトです。医師の紹介事業では業界トップクラスなので、全国の病院ネットワークに強みがあります。また、メディウェルは東証一部の薬局グループの企業なので、当然調剤薬局やドラッグストアにも強いコネクションがあります。

アピールポイント

東証一部企業メディウェルグループ
業界最大規模の医療機関ネットワーク
30秒カンタン登録

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 公開・非公開求人10,000件以上 あり 薬剤師転職
ファルマスタッフ

業界最大級の規模と実態に即した求人情報は他を圧倒
ファルマスタッフは東証一部日本調剤グループのメディカルリソースが運営しています。全国に16拠点をもつ大手エージェントで、公開求人数も約17,000件あります。また、求人情報は日々更新されている他、管理薬剤師特集や、病院薬剤師特集といった求職薬剤師の方に人気の求人コンテンツも用意されています。

求人は数の多さのみならず、専任コンサルタントが1つ1つの就業先に必ず訪問し、事前に現場の状況をしっかりヒアリングしているで、求人情報だけでは分からない職場の状況まで把握しています。
求人の量においても質においても安心して利用できるサイトの一つです。

アピールポイント

全国に16拠点
求人は、全て事前確認を徹底
面接同行サービスあり
全国で転職相談会あり

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 公開求人約17,000件 あり 薬剤師転職

 

 

MC-薬剤師のお仕事

拠点数が多いので地方に強い
MC-薬剤師のお仕事は医療分野の転職業界ではトップクラスの規模を持つメディカルコンシェルジェが運営しています。大手だけあって、拠点は全国13もあり、地域に密着した求人情報の提供とサポートを受けることが出来ます。

 

アピールポイント

出張登録会あり
HPの情報が豊富
入職後のアフタフォローもあり

 

利用料金 求人件数 検索機能 評価
無料 - あり 薬剤師転職

 

薬剤師転職サイト利用体験談

東京都 20代後半女性

転職の理由

「キャリアアップのために転職を希望しました」

と言ったものの実はそれは建前。
本音は他の店員ととソリが合わなかったからです。

 

給料の良さに引かれて就職したのが今のドラッグストアでした。
仕事自体は嫌いではありませんでした。医薬品だけでなくちょっとした食料品や雑貨を扱うのは楽しかったです。薬剤師というより一店員として、薬だけでなく店の商品全般の知識が必要でしたが、幅広いことが学べて興味深かったです。
レジに立つことも多かったのですが、元々接客は得意だったのでなかなか上手くこなせていたと思います。

 

しかし、自分の他に、パート店員の女性が2人いるのですが、それが本当に面倒な人たちでした^^;。
パートとは言え、私より先に働いていたのであちらが先輩です。入社した手の頃は色々教わり、それはそれで感謝はしているのですが、事あるごとに「資格のある人は給料が高くていいね〜」とか、「薬学部出てるなら頭いいんでしょ?これぐらいすぐ覚えられるよね?」などと嫌味を言われることが耐え切れませんでした。
この2人は仲がよいのですが、私には入っていけません。ランチの時間は本当に嫌でした。なので彼女たちが休みの日は本当にホッとしました。正直、辞めてくれないかな、と思っていましたが、その気配はありません。

 

しかし、3年が経ち、彼女らの嫌味にも疲れて来ました。別にドラッグストアは他にもあるし、転職を考えることにしました。3年も働いたし、自分ではよく我慢したほうだと思います。そして学んだことは次の職場でも役に立つはずで、入社する際にもアピールできるものと思っていました。

 

薬剤師転職支援サービスを利用する

とはいえ、私にとって転職は初めてです。どうしてよいか、あまりよくわかりません。
そこで、私の薬学部の同級生が転職した時に、薬剤師転職支援サービスを利用したと聞いていたので、同じ所に登録して利用してみることにしました。

 

登録は簡単でした。HPに名前や連絡先を記入するだけで3分ぐらいでした。
翌日にそこから電話がかかってきて面談をすることになりました。
面談ではコンサルタントの人に正直に転職を希望する理由を話しました。コンサルタントの人もそれはよくあることだとおっしゃって下さいました(^^ゞ。
ただし、私もせっかく転職するのであればこれまでと違ったことをして薬剤師としての経験を広げたいと思っていました。そういうことも相談しました。
ドラッグストアは嫌いではありませんでしたが、次は違う職場がいいとお願いしました。
また、勤務地や給料に関してはそれほどこだわりはないと伝えました。それなら求人はいくらでもあると担当者の方はおっしゃりました。

 

あっという間の転職

翌日には私の希望に合う求人が5件ほどあると担当者の方から連絡がありました。病院や調剤薬局の求人でしたが、どれにするかはすぐには決められませんでした。3日ぐらいは考えていました。
しかし、結局、とある調剤薬局にしました。
それを担当者の方に伝えると、すぐに面接のコーディネートをして下さいました。また、履歴書の書き方や面接での受け答えのポイントもアドバイスしてくださいました。転職は初めてだったので心強かったです。
面接では前の職場のことを訊かれましたが、ネガティブなことは一切言わず、転職理由はキャリアアップで押し通しました(^^ゞ。
相手の方も、まだ若いし色々経験するのはよいことだとおっしゃって下さいました。
そして、すぐに入職がきまりました。サイトに登録して1週間でした。自分で転職先を探すともっと時間がかかったかもしれませんし、もしかすると面接で落ちていたかもしれません。本当に利用してよかったです!

 

薬剤師転職体験談2

愛知県 30代女性

転職の理由

私は門前で8年間勤務していましたが、夫の転勤を理由に東京から名古屋に引っ越すことになりました。

私は関東地方以外のところには住んだこともなく、名古屋やその近辺には友人も親戚もいないので不安でした。
仕事に関してはどこか見つかるだろうとは思っていましたが、つてもなく具体的なプランはありませんでした。
あれこれ悩んでいましたが、職場を辞め、とりあえず名古屋に引越しました。

 

2つの薬剤師転職サイトを利用して

まったく土地勘のない所で、一人就職活動するのは大変なので薬剤師転職サイトを利用することにしました。私の周囲にも薬剤師転職サイトを利用して転職した人が数人いて話は聞いていました。どこも無料ということで2つのサイトに同時に登録しました。

 

どちらの会社からも休み明けの月曜日に電話がかかってきました。
はじめの会社は(A社とする)電話で私の希望を聞いてすぐに求人を紹介するとのことでした。確かに翌日には4件の求人を紹介されたのですが、どれもいまいちでした。私が伝えたはずの希望を満たしておらず、本当に担当者の方は私の話を聞いていたのかと疑問に思いました。

 

もう一方の会社(B社とする)は数日後に実際に面談することになりました。そこで担当者の方とじっくり話をすることができました。
しばらくして、5件の求人を紹介されました。すべてが私の伝えた条件を満たしているわけではありませんでしたが、まあまあ受け入れられる職場ばかりでした。
というわけでA社には断りを入れてB社を通して話を進めることにしました。
紹介された求人も悪くなかったのですが、一応、もっと良い職場があるかもしれないと思い、担当者の方ともう一度面談することになりました。そこで色々アドバイスをいただき、より広い範囲の求人を調べてもらうことになりました。
その翌日、さらに3件の求人を紹介され、そのうちの1つが気に入りました。少し遠いのですが、大手調剤薬局で残業なし、育児にも理解のある会社だそうです。おそらくこれ以上の求人はないだろうと思い、話を進めてもらいました。
私は転職は初めてでしたが、業務経歴書や面接対策なども指導していただいたので不安はありませんでした。
そして無事に入社が決まりました。

 

薬剤師転職サイトを利用してどうだったか?

利用してよかった思いますが、A社しか登録してなかったら転職は失敗していたかもしれません。2つ登録していて正解でした。
また、紹介された求人にすぐに納得しないで、満足しないなら担当者の方に伝えるとよいと思います。こちらも色々ワガママを申しましたが、快く対応していただき感謝しています。

 

薬剤師転職体験談3

石川県 30代女性

転職の理由

薬剤師となってドラッグストアで10年近く勤めました。忙しい職場でしたが、馴染みのお客さんも多く、やり甲斐をもって勤務していました。しかし、最近になって体調を崩してしまい、これまで通りに働くことが難しくなりました。一応職場には勤務時間を減らしてもらうようにお願いもしましたが、それなら正社員ではなくパートになると言われて、しばらく考えましたが、結局他の正社員で雇ってくれる職場を探すことになりました。

 

1回目は失敗

転職を探す際に、ある薬剤師転職サイトを利用しました。対応が早く、すぐに新しい職場を紹介してくれました。私としては、残業なし、土日休み、有給も消化できる職場であれば、あとは条件は問わなかったので、幾つも候補が見つかりました。
しかし、それが失敗の原因で、どれを選んで良いか、迷ってしまい、結局フィーリングで一つの職場を選んでしまいました。
ところが、その職場ですが、事前の話と違っていました。以前の職場と変わらないほど忙しく、なかなか休める雰囲気ではありませんでした。小さい子供がいるわけでもない私が定時で帰ることに後ろめたさを感じていました。
これなら転職した意味がないと思い、更なる転職を決意しましました。

 

2回目の転職

次はこの前とは違う転職サイトを利用しました。この前利用した会社は、求人だけを紹介してくれて、詳しい説明があまりありませんでした。私も悪いのですが、もう少し職場の実情を聞いていれば失敗しなかったのになあ、と思っていたので、今回は担当の人に紹介された求人について根掘り葉掘り質問しました。担当者の方も、何度も求人先に電話をして確認してくれました。
そしてよく考えて一つの求人に絞り込みました。給料は減りますが、それほど忙しくない職場だそうです。
そこもドラッグストアですが、ややのんびりした店舗で、私が事前に伝えていたとおりでした。客数が少ないのは経営的にどうかな、と思いますが(笑)、私的には満足して働いています。

 

<注>
薬剤師が副業をする場合には注意すべき点が幾つかあります。
管理薬剤師が、調剤業務を兼務することは薬事法で禁止されています。
また、公務員として働いているなら当然副業は禁止ですし、民間企業でも禁止している会社も少なくありません。
(副業)規程について
だだし、薬剤師は基本的に高時給であるので、中途半端に副業をするよりは給料アップを求めて転職する方が効率がよいかもしれません。
それには本サイトで紹介している薬剤師転職サイトのプロのエージェントを利用するのが最も近道です。

 

薬剤師転職支援サービスとは

人材派遣でも単なる求人紹介でもあらず

薬剤師転職支援サービスとは、転職を希望する薬剤師に代わって、転職活動を行うコンサルティング業務です。
たまに誤解がありますが、人材派遣会社ではありません。あくまで薬剤師と医療機関を結ぶ仲介業です。

 

利用の流れは以下の通りです
1.ホームページ(薬剤師転職サイト)で登録する。連絡先などを記入するだけなので1分程度で完了する。

 

2.確認の電話かかかってくる。

 

3.担当者と面談するか、あるいは電話で転職に関する希望を伝える。

 

4.担当者から条件に見合った求人を紹介される。

 

5.気に入った求人があれば担当者を通じて応募する。気に入らなければさらに面談して求人を探してもらう。

 

6.面接に臨む。面接日のコーディネートは担当者が代行してくれる。さらに履歴書の書き方、面接のポイントなどのアドバイスがある。

 

7.面接に合格すれば入社する。

 

8.入社後も事前の条件提示とことなることなどがあれば担当者に連絡して相談する。

 

薬剤師転職支援サービスは様々な会社が行なっていますが、概ねどこもこの流れです。
お分かりのように、単なる求人紹介業ではありません。求人の紹介から入職後のフォローまでをパッケージにしたコンサルティング業です。

 

費用は転職先が支払いますが、それでも転職希望者はお客様です。基本的にこちらの要望を聞いてそれに応えるのがコンサルタントの役目です。要望があったら遠慮なく伝えましょう。無茶とも思える転職条件でも、転職のプロとして、なるだけ理想に近い求人を探してもらえるはずです。
もし、コンサルタントが自分の気に入らない求人を持ってきたら断る権利もあります。そして、その薬剤師転職支援サービスが気に入らなければ、利用をとり止めることも自由です。

 

このように転職希望の薬剤師に取ってはありがたいサービスですが、便利過ぎるが故に任せっきりにしたりするのは慎みましょう。面接でも「コンサルタントが進めるので御社を受けてみる気になりました」と応えるのはNGです。
あくまでコンサルタントの仕事は転職支援サービスであって、転職するのは自分自身であると言う意識は忘れてはならないのです。

 

薬剤師転職支援サービスの使い方

便利だが断るときははっきりNOと言いましょう。

薬剤師支援サービス(薬剤師転職サイト)は無料で利用できるありがたい存在ですが、営業している会社は20以上あり、それぞれに特色があります。なので残念ながら自分に合わない場合もありますし、利用した結果、満足しなかった、という人も少なくありません。

転職先を自分で見つけるのも大変ですが、薬剤師転職サイトを選ぶのもある意味大変かもしれません。

 

まず、薬剤師転職支援サービスでは全国営業している会社と首都圏などの限られたエリアのみ営業している会社があります。迷うなら全国営業の大手の会社を選びましょう。
全国営業している大手としては、
★リクナビ薬剤師(リクルート)
★マイナビ薬剤師
★エムスリーキャリア
★ヤクジョブ(クラシス)
★CBネット(キャリアブレイン)
★薬剤師転職ドットコム
★メディカル・プラネット
★薬剤師のお仕事
★薬剤師プロ
★ファルマスタッフ

などがあります。

 

また、そのサービスがスピード重視か、じっくり面談をしてから紹介してくれるのか、タイプが分かれます。
スピード重視の会社だと電話(あるいはメール)だけでやり取りして最短3日で転職が可能です。しかし、電話だけで転職を決めてしまうにはやや不安があります。急いでないならできれば面談してくれる会社を選んだほうがよいでしょう。
その辺りの特色は各社のHPに記載があるので確認してみましょう。

 

そして実際にやり取りして、対応に不満があれば別の会社に乗り換えましょう。対応が遅すぎたり、こちらの希望とかけ離れた求人ばかり紹介されるケースもあります。そんな時はすぐにお断りしましょう。いくら利用無料でも変な求人を押し付けられては大損害です。
1回の転職に複数の薬剤師転職サイトを利用する人は少なくありません。断っても店に入って品物を買わずに出てくるのと同じで、利用を止めるといっても相手に失礼とかは考える必要はありません。
また、会社には通常複数のコンサルタントがいるので、気に入らなければ他の人に変えてもらうことも可能です。

 

そして、面接することが決まって不安なら、ここでも担当者を頼りましょう。会社としても就職が決まらなければお金が入ってこないので、転職が成功するために全力を尽くしてくれるはずです。面接指導はおろか、その場に同席してくれる場合もあります。

 

無事入職が決まっても、何か気になることがあれば相談出来ます。会社としてもすぐに辞められては困るので、アフターフォロー体制も抜かりありません。

 

これだけ便利な薬剤師転職支援サービスですが、それだけに任せっきりになってしまうのもよくありません。あくまで転職するのは自分であり、大事な所では自分で決めるようにしましょう。嫌なことははっきりNOと言えることが大切です。

 

薬剤師の実態

薬剤師の実態をエッセイ風に描写した動画を紹介します。
現場は大変ですが、素敵な薬剤師さんがたくさんいるみたいです。

 

リンク集
ルミガン通販激安